防水工事

雨漏り対策なら防水工事が大切です

安心して暮らせる屋根の防水工事を承ります。

防水の工法は様々です。素材も多く千差万別。お客様の屋根に最適な防水工事を行うためには、豊富な工事経験と高い施工技術が必要不可欠です。雨漏り修理のときわならどんな素材、工法にも対応できる高い技術力がありますので、急な雨漏りの対応でも、現在の工法を生かして、優れた雨漏り修理ができます。

防水工事は『雨、露をしのぐ』建物の最も重要な工事です

防水工事とは、建物や構造物を雨、雪、水、紫外線等から守り長期的に保護する工事のことです。防水対策をしっかりしていないと建物の外観は綺麗でも雨漏りが起こり、建物を傷める原因にもなります。また、風雨、紫外線によっても防水加工した部分は経年劣化しますので定期的なメンテナンスや防水工事は必要になります。

屋根・屋上の防水工事


ビルの屋上や洋風住宅など、フラットな屋根(平らな屋根)には必ず防水処理が施されています。工法はウレタン防水、ゴムシート防水、塩ビシート防水、FRP防水、アスファルト防水など様々なので最適な防水工事を行います。ときわならどんなタイプの防水工事も承ります。

外壁・タイルの防水工事


RC造(鉄筋コンクリート)の建物には必ずと言っていいほどヒビが入ります。ヒビが内部まで達している場合には、樹脂を注入することでそのヒビをふさぎます。ときわなら有資格者の職人が丁寧に補修作業します。

ベランダ・バルコニーの防水工事


開放廊下やベンダ、階段、バルコニーに雨水の吹き込むのは当たり前ですが、十分な防水処理がされていないことが多く、近年、この廊下やバルコニーのひび割れから、階下の室内に雨漏りが発生する事例が多く発生しています。バルコニーの雨漏りは家屋の侵蝕にも繋がり、白アリなど害虫被害の要因にもなりますので早めの対策が必要です。

サッシまわりの防水工事


窓やサッシからの雨漏りは、シーリング(ゴムなどの弾力のある樹脂)の劣化によるものが多いです。このシーリングが劣化すると、隙間から雨水が入り込んでしまうため雨漏りになります。このような雨漏りに対しては、劣化したシーリング材をはがし、新たなシーリング材で埋める工事を実施します。

防水加工の種類

種類 厚さ 標準対応年数 種類
アスファルト防水 5〜10mm 露出
13〜15年
押え
17〜20年
最も信頼性が高く、実績も一番多い工法。溶解したアスファルトとルーフィング を積層し厚みある防水皮膜を作り上げることで耐用年数が長く、耐久性・水密性・ 対荷重性に優れている。
塩ビシート防水 1.5〜
2.5mm
13〜15年 耐摩耗性があり、露出防水の歩行用として用いられることがある。
ゴムシート防水 1.2〜
2.5mm
13〜15年 軽量で柔軟背を有しているためS造など露出非歩行用に用いられる。
FRP防水 3mm〜 10〜13年 繊維強化プラスチックを素材とした防水工法。表面が硬く強靭で、プールや浴室などにも使われる。

防水工事の無料調査行います

建物の劣化状態について、屋上防水工事やバルコニーの修繕工事についてお悩みがあればご相談下さい。無料調査致します。また、定期メンテナンスも承ります。

・雨漏りする。(天井にシミがある)
・屋上がボロボロになっている。
・外壁にひび割れができてしまった。
・外壁の汚れが目立つようになってきた。
・居住者からの建物に関する問合せにどう対応したらよいかわからない。
・竣工後10年経つが、今の建物の状態で問題ないのかどうか。
・建物の資産価値を保ちたい。
・20年/30年/40年経過の今後の改修計画について。
・建築会社の対応が悪く、セカンドオピニオンとしての調査。

現地調査、劣化調査により建物に最適なご提案をさせて頂きます! まずはお問合わせ下さい。雨漏りでお困りの方はシートを張るなど応急処置も行います。

ページ上部へ戻る