雨漏りの原因調査

雨漏りの原因を徹底調査いたします

お電話1本でOK!出張点検に伺います! お気軽にどうぞご連絡ください!

築5~10年は要注意です、以下のような症状が見られましたら早めにご連絡ください。

外壁のひび割れ・劣化

外壁のひび割れ・劣化

モルタルのはがれ・劣化

モルタルのはがれ・劣化

パッキンの劣化・腐食

パッキンの劣化・腐食

防水層の破れ・はがれ・浮き

シーリング劣化

シーリングの劣化・破損

笠木の不具合

笠木の不具合

雨漏りの原因を詳しく調べて雨漏りを繰り返さないようにします

排水管の調査

屋上、ベランダの排水管はゴミやホコリ、落ち葉などが詰まりやすい箇所です。最近では、エアコンの影に隠れて見えないこともあり意外に見過ごしがちです。排水管がひとたび詰まると、雨が降るとそこに水が溜まり、溢れ出し雨漏りの原因になります。

天井裏の調査

天井からの雨漏りに関しては天井裏を点検し、雨染みや劣化の状況から、雨漏りの箇所や程度を調査します。天窓がついた屋根やソーラーパネル、太陽熱温水器など設置している場合には施工時の不具合やコーキングの劣化が原因が多いため天井裏の調査は必要不可欠です。

雨じまいの調査

雨じまいとは、建築において、家の中に雨水が入らないようにする 製品の構造や設置・固定の仕組みを指します。雨じまいの施工トラブル、金属の劣化、コーキングの劣化など雨じまいによる雨漏りがよくあります。ときわでは、雨じまいの工法や劣化の状況を詳しく調査し、雨漏りの原因を特定して修理・補修していきます。

窓枠の調査

窓枠を外壁にはめ込むときに出来る隙間を埋めるシーリング(コーキング)というゴム状の建材は雨水や紫外線などさまざまな原因により通常10年ほどで寿命を迎えてしまいます(風雨にさらされる場所だと更に短い場合があります)。シーリングが劣化して、ひび割れやはがれなどが生じ、すき間ができると、雨漏りの原因となります。

雨漏り修理のときわでは雨漏りの原因をしっかり調査して、不快な雨漏りを繰り返さないよう責任を持って修理・施工致します。また、大規模な修理工事が必要な場合は一時的な養生・補修も行いますのでご安心ください。

ページ上部へ戻る